GOLFZON TIMES|ゴルフシミュレーターの今をお届け

シミュレーションゴルフ世界シェアNo.1 GOLFZONがゴルフシミュレーターの最新情報をお届けします!

GOLFZON TIMES|ゴルフシミュレーターの今をお届け イメージ画像

シミュレーションゴルフお役立ち情報

6台のマシンを備え、ラウンド制を採用した店舗としてシミュレーションゴルフファンに支持されている「GOLF PARK Faraway 上野店」。今回は同店をはじめ、現在、3つのシミュレーションゴルフ専門店を経営する会社の社長さんにご登場願いました。オーナーである土佐大介氏とシミュレーションゴルフとの出会いはどんなものだったのか。そしてシミュレーションゴルフ専門店という業態についてどんなことを思っていらっしゃるのかを語っていただきました。
『ゴルフバー3店舗経営のオーナーに直撃:シミュレーションゴルフ専門店を新たな投資先として開業した理由』の画像

2014年8月にオープン。103坪のスペースに6台のゴルフシミュレーターを備えた「GOLF PARK Faraway 上野店」は、週末の夜には常に全ブースが埋まっているという人気のシミュレーションゴルフ施設です。この店舗に訪れる人たちはどんな風にシミュレーションゴルフを楽しみ、そしてシミュレーションゴルフはどのような形で定着しようとしているのでしょうか。同店の店長である勅使河原さんにお話を伺いました。
『人気店GOLF PARK Faraway上野の店長に聞いた、ゴルフシミュレーターがウケる訳とは』の画像

アメリカLPGAのA級ライセンスティーチングプロであるヨッシー小山さん。2000年にご主人に帯同してアメリカに移住し、「なんとなく出てしまったコンペ」をきっかけに、35歳からゴルフを始め、2008年にティーチングプロになったという経歴の持ち主です。インタビュー後編は、シミュレーションゴルフを使ったレッスン、特にメジャーメント感覚を利用した方法について詳しく語っていただきました。
『ティーチングプロ・ヨッシー小山さん(後編)「ゴルフシミュレーターはメジャーメント感覚を養うことに最適」』の画像

アメリカLPGAのA級ライセンスティーチングプロであるヨッシー小山さん。2000年にご主人に帯同してアメリカに移住し、「なんとなく出てしまったコンペ」をきっかけに、35歳からゴルフを始め、2008年にティーチングプロになったという経歴の持ち主です。今回はそんなヨッシー小山さんに、ゴルフの練習のこと、アメリカと日本のレッスンの違い、インドアレッスンのメリットについてなど、いろいろと気になるお話をうかがってきました。
『ティーチングプロ・ヨッシー小山さん(前編)「米LPGAは【ゴルファー】の前に【アスリート】を育てる」』の画像

↑このページのトップヘ